ちゃんと蜂の巣退治をして子供の安全を確保しよう

蜂の巣退治を安全に行なうためには夜に実行する 
  
蜂の巣退治を安全に行なうためには夜に実行する

蜂の巣退治を安全に行なうためには

1羽の鳩

蜂の巣退治を行なう場合は、安全に蜂の巣退治ができるタイミングを知った上で行なった方が賢明です。また蜂の巣退治をする時は、防護服をきちんと着て行なうのが鉄則といえるでしょう。ここでは蜂の巣退治をする時のタイミングなどを紹介していきたいと思います。

蜂の巣退治をする際は業者に依頼しよう

自分で蜂の巣退治することは難しいです。また蜂に刺される危険性もあるので注意が必要となるでしょう。しかし蜂の巣退治を業者に任せることによって、蜂に刺されるというリスクを回避することができるのです。蜂の中でも最も危険とされているスズメバチを駆除する場合は、一度役所に相談してみるようにしましょう。スズメバチであれば役所が駆除費用を負担してくれることがあります。また、役所が指定した専門業者を紹介してくれるでしょう。その業者に蜂の巣退治をしてもらうことで、後々費用を負担してもらえるのです。

蜂の巣退治を安全に行なうためのポイント

夜間行なうこと
日が沈むと蜂はみんな巣に戻っていきます。蜂は夜行性ではないため、日中以外は活動しないのです。そのため、すべての蜂が巣の中にいる夜が一網打尽にする絶好の機会といえます。蜂が巣に戻ったのを確認したら蜂の巣退治をスタートします。ハチ駆除用のジェットスプレーを用意して、吹きかけましょう。ちなみに蜂はゴキブリと違って殺虫剤には弱いです。
防護服をきちんと着ること
防護服さえきちんと着ていれば、蜂に刺されることはまずありません。防護服さえ着ていれば自分で蜂の巣駆除をすることも十分可能となります。もし防護服を着ている時に刺されることがあるとしたら、手袋に蜂の針が貫通してくるか、関節部分に蜂の針が届くなどでしょう。しかしこのようなことは滅多にありません。後1番気をつけたいのが、蜂の巣退治完了後に防護服を脱ぐ時です。もしかしたら、生き残った蜂が服に付いている場合もあります。そういった場合は、刺されてしまう可能性があるので注意しましょう。

蜂の退治の安全なやり方について

蜂の巣退治を個人で行なうということは、ある程度のリスクがあるということを覚えておきましょう。ですが、自分の心がけ次第で蜂の巣退治を安全にすることもできるのです。ここでは、安全に蜂の巣退治を行なうための方法を紹介していきます。

業者が行なっている安全な蜂の巣退治の方法

蜂の巣退治を依頼したいのですが、安全に行なう方法について教えてください。
蜂の巣退治を安全に行なうのであれば、まず蜂の巣退治をするためのアイテムを用意しなければいけません。アイテムとして、殺虫剤を準備するといいでしょう。殺虫剤はホームセンターやドラッグストアで販売されているので、簡単に手に入れることができます。蜂は殺虫剤に対して弱い傾向にあるので、ハエや蚊に対して使われるような殺虫剤でも撃退することが可能です。殺虫剤を使用する際は、しっかりと殺虫剤の成分にピレスロイド系のフタルスリンレスメトリンという成分が含まれているかをチェックしましょう。また安全を確保するために、防護服の着用も忘れてはなりません。
蜂の巣に殺虫剤をかけるときの注意点などはありますか?
蜂の巣から5メートル以内の場所では使用しないようにしましょう。蜂退治用の殺虫スプレーは、蜂の巣退治を行なう上で非常に効果的なアイテムです。しかし、蜂を即座に殺傷できる訳ではありません。近すぎると刺される危険性もあります。また蜂の巣周辺には大量の蜂がいるので非常に危険です。安全を確保するためにも、一定の距離をとりスプレーを噴射するようにしましょう。

TOPボタン